FC2ブログ
 

イヌ・インターナショナル 乾 貴美子 の ☆プ☆ロ☆グ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村松さん!!

驚愕。卒倒しそうになりました。

なななんと、「踊る!さんま御殿」に
村松利史さんが出ておられるではありませんか!

狂気も熟すとテレビ対応可能になるのだなぁ・・・というか
地上波で村松さんを見る日が来るとは・・・
良い時代になったものですなあ。

私はねえ、村松さんの一人芝居の物真似をさせたら
芸能界1上手い自信がありますよ。
熱狂的なマニアですからね。

”50歳独身の村役場の人”みたいな紹介のされ方を
していたのですが、なにかのドラマで村役場の人を
演じておられるのでしょうか。
ドラマほとんど見ないから分かんないんだよね。

トークでは女性に勘違いされた話などをご披露。
さんまさん的には”モテない独身おじさん”みたいな
括りで結構ハマってたのだが、私の幻想の中で
村松さんは勝手にホモということになっていたので
なんか変な感じ。

でもこのまま温水洋一さんみたいにブレイクしちゃったら
どうしよう! うれしい!! でもちょっと複雑。
だってあの人(舞台上で)変態ですもの。

大人計画を抜けた温水さんといい、
WAHAHAを抜けた村松さんといい、
集団からこぼれ落ちた人はさんまさんにハマりやすい
傾向にあるのでしょうか?

となると、次はダチョウ倶楽部を抜けた南部さんが
さんまさん関係の番組でブレイク!?








スポンサーサイト

いんぐりっしゅ!

ムスメさん(8ヶ月)、英語の絵本読み聞かせのお教室へ。

”初回無料!”と同級生が誘ってくれたので
”タダならなんでも参加する!”が信条のワタシは、
劇団ひとりさんの甥っ子ちゃんと一緒に
いそいそと出掛けていったのでした。
子供たちはみんな同級生です。

こないだのNスペで、
赤ちゃんには母国語と外国語を聞き分ける能力がある
と言ってたけれど、そのせいか初めて英語を聴いた瞬間は
泣きそうになってた。けどその後はわりかし積極的に
参加してくれてたんで、うーん、母としては大満足ですね。

タダだったし!



汚。

20061024234643



花など柄にもないものをお見せした後は、
けがれた部位でございます。
カテーテルの跡の内出血。

足の付け根を押すと、ちょっと痛い。

雨で寒くて心も寒い。

20061024205607
意味不明にフラワーアレンジメントのお教室へ・・・・・靴がルブタン“風で”可愛いですね、と褒められ・・・帰りに立寄った子供服の店で愛娘のアイテムを物色していたところ・・・出産祝をお探しですか?と店員は問う・・・・・不愉快! ま、たしかに靴はルブタンのものではありませんでしたが。

入院してました!

20061023001916


自分、不整脈持ちでした
つい先月気付いたことですが。

5年くらい前からときおり脈が尋常じゃなく
スピードアップすることがあったことはあったんだけど、
意味不明に緊張してるのかと思って無視してたんですよ。
そしたらこないだ1時間以上 180/分の脈が続いて
立ってられなくなっちゃって、こりゃ本格的にオカシイぞ
ということで救急車を呼んだんです。

すると、不整脈が出ていることが明らかになりまして
「カテーテルアブレーション」という治療を薦められました。

ワタシの不整脈は心臓のオカシナ場所から電気信号が
おきることによって発生しているので、
太ももの付け根からカテーテルという管をつっこんで
心臓まで持っていき、そのオカシナ場所を焼き切ってしまう
のが「カテーテルアブレーション」。

不整脈といってもたまに起きるだけで
騒ぐほどじゃなかったんだけど
加齢と共に発作の数が増えますよ、とドクターは言うので
早々に治療することにしましたわ。

というか、
テレビのスーパードクター特集が大☆大☆大好き
カテーテル治療の素晴らしさに毎回感動しているワタシとしては、
一度自分もカテされたい! って気持ちが強くて、
たいした症状でもないのに率先して入院の予約を取ったわけです。

水曜ビバリー終わりから2泊3日の入院で、2日目の朝イチで治療。
カテ室は最新で緊張感漂ってて、ドキドキするくらい素敵だった!

・・・が、思ったより大変だった。

カテなら楽勝! っていう先入観があったんだけど、
いや 実際簡単な治療なんですけどね、
いざ自分の体に管がウネウネ走ってるかと思うと
どうも違和感があって、
治療後もなかなか出血が止まらなかったりして
こんな時に限ってオットは熱でダウンしてるし
正直やんなきゃよかったと思ったよ。
やっぱり病院は、病気は嫌です!!!

原因も治療しづらい場所にあったらしく
治療するにはしたけど再発するかも とか言われちゃったし
そもそもたいして症状が出ていなかったので
劇的に回復した実感がないんですよね。
むしろ心臓を意識するあまり、一日じゅう不整脈が出ている
ような錯覚に悩まされています!(脈を計るともちろん正常)

ま、いずれにせよ退院した日の午後は収録してた位なんで
元気です。
ご心配なく。

写真は楽屋にて。








絶対落ちた!

エコ検定を受けてきました。
条約の名前や年号は絶対出ると思っていたので
重点的に勉強していたのだが・・・・・
それすらも間違えてしまった。

外録してたら「余裕っすよ!」みたいな方が
多かったのだが、私は自信を持って落ちましたよ!

アーミッシュのような慈悲深い心が欲しい

20061011205001


自分の判断ミスでスケジュールもろもろ滅茶苦茶になり
かなりささくれた気持ちで銀座徘徊中、
(生花ですってよ!)に出会う。

不気味!

1本いくらだと思います?




・・・・・1000円だそうです。

Shall we 裁判?

20061007230432


周防正行監督11年ぶり(!)の新作「それでもボクはやってない」を拝見。冤罪で痴漢の犯人として裁判に掛けられるお話。CGも大げさな挿入歌もなければロクに絵変わりもしない映画なのに、2時間23分見入ってしまいました!全然長く感じない。母親役のもたいまさこさんのつらそうな表情が泣かせる。それと、自分も同じく痴漢の冤罪を晴らすべく戦っている佐田さんの切実さが胸にしみる。

本日、製作発表を見に行き、勇気を持って手を上げて周防監督に質問!「11年間、どうしても撮りたいと思える題材がなかったから撮らなかっただけ。僕の場合、”どうしても撮りたい”と思えるまで撮れないんですよね。」の言葉に、本来あるべき監督像をみる。最近、やとわれ監督みたいな人の撮った映画が多いような気がして、物足りなさを感じていたもので。

その後、ビバリーの録音で役所広司さんにインタビュー度重なるワタシのミスにも嫌な顔ひとつせず、役柄同様の暖かいお方であった。

昨日は、同じくビバリーの録音で緒形拳さんにインタビュー
自分が新国劇をやめたことを、師匠・島田正吾さんに死ぬまで許してもらえなかったという愛憎入り混じる師弟愛のお話を聞いていたら涙がポロポロこぼれてきた。今年一番の心に残るイイお話だったので、みなさん是非聴いてください。来週月曜OAです。


祖母 (危篤)

祖母 危篤。

従兄弟よ!もしここを見ていたら連絡下さい。
(コメント→管理人だけに閲覧)

それか、どなたかワタシの従兄弟の居場所をご存知の方、ご連絡下さい!

ゴルフ・ザ・ミュージカルとバカの壁

20061009010415


「TOP STAGE」の取材で『GOLF THE MUSICAL ゴルフなんて大っ嫌い?!』拝見。
パルコ劇場。
芝居を見るのも映画を見るのもワタシにとっては仕事なのだが、家の者からはそう認識されておらず ああまた道楽か といった感じなので、劇場に向かう時はいつも肩身が狭い。

オフブロードウェイでスマッシュヒットしたゴルフをテーマにしたミュージカル。いきなり「なぜゴルフのミュージカルをやるのか?」みたいな主題が登場するので 頭でっかちな話だな と最初は思ってしまったが、その部分も含めておちゃらけたカジュアルな気分で見ていいんだという見方が分かってからはずっと笑ってた。日本で話題になるミュージカルは、厳粛な気持ちで見ないとバチがあたりそうな大作ばかりだが、もっとこういうウェルメイドでフレンドリーな作品が増えればいいのにな と思う。

川平慈英さん、池田成志さん、相島一之さん、という濃い味付けの男優陣と、ひょうひょうとすっとぼけた演技をする女優陣・高橋由美子さん、堀内敬子さんの対比がすごくいい。「THE有頂天ホテル」で物凄く気になっていた堀内さんを見られたのも嬉しい。

終わり方も好きだったので興奮してしまい、初日ということで来日していた脚本・作詞・作曲のマイケル・ロバーツさん(隣りの隣りに座ってた)の肩をたたき「You are GREAT !!!!!!!!!!!!!」と握手を求めてしまった。

見ず知らずの外人に対し、そんな大胆な態度をとってしまった自分にさらに興奮する。

家に帰るまでに気持ちを落ち着けようと、コンビニで大人買いし、レシートを見て現実に・・・。

帰宅後、お風呂に入りながらゲスト用の資料『バカの壁』を読む。今さら! が、ちょうど今日久しぶりにパルコブックセンターに赴き、以前なら何時間でも立ち読みしていたであろう書物に全く興味を持てなくなってしまった自分の変化?退化? に恐れおのおいていたところ・・・だったので、「人間が変わらないはウソ」のくだりは、今まさにワタシに必要だったかも知れない。が、ワタシはバカなので、こういう”読むと頭が良くなりそうな本”をすべて自分の都合の良いように解釈してしまう。だって、一冊読んだところで だからしてワタシの思考方法は正しい という結論にしか達しないんですよ。これぞ実録バカの壁。ああ頭良くなりたい。英語しゃべれるようになりたい。そしたらもっとマイケルさんと話せたのに。←なーんてことをバカは死ぬまで言い続けるんですよね。

しかしワタシは何故追い詰められるようにブログの更新をしているのでしょう。どなたか憑依なさってます?


Viiv !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

インテル社のウェブサイトにて
http://www.intel.co.jp/jp/personal/do_more/digital_home/viiv/inui01.htm
にて>「乾貴美子と学ぶインテルViivテクノロジー」
が始まりました。見ないと不幸になるよ!

むかしの連載「乾貴美子のチャレンジデジタルホーム」http://www.intel.co.jp/jp/personal/do_more/digital_home/challenge/inui01.htm もページが残っているので、勇気を持って、さあ! そこにはゆき姉のごときワタシの姿が・・・・。

万引きの似合う少女

20061006231543


奥田瑛二監督の『長い散歩』を拝見。おもしろかった。

しいたげられて育つ少女と、幸せな家庭を築くことができなかった老年紳士の再生をかけた逃避行の物語。

風呂に入れと叱られた少女が仏頂面で服を脱ぎ捨て風呂につかる、そのシーンでパンツはもちろんまでちゃーーーーんと映す”生々しさ”と”誠意”にひたすら拍手! イヤラシイ意味じゃなくてね、ビックバジェットの映画ではありえないシーンだと思うのですが、ちゃんと撮ろうという志の高さが伝わってきましたわ。

緒形拳さんの寂寥感溢れる演技が素晴らしいのはもちろんのこと、万引きがとても似合う子役が良いいいいい。可愛いだけじゃないんですよ。妙な妖気が漂ってるの。

最近ときめく映画がなかったのですが、『長い~』が面白かったので、久しぶりにコンスタントに映画を見る元気が出てきました。

この映画の欠点を敢えて、敢えてあげるとするならば、刑事役の奥田瑛二さんがカッコよすぎることでしょうか。

さあて娘さんもお休みになったことだし、これから「チンパンニュース」のSPです!
あのすっとぼけた感じは大木さんにしか出せないですよね~~~~
「ワールドダウンタウン」の終了が未だに悲しいワタシは、すがるような思いでチンパンジーのニュースを見ているのです。ゴメスさん、繁殖の方もガンバって下さい。大好きです。

エコ検定

20061005153434

受験日が迫ってきたというのに、まるで受かる気がしない。エコロジーの番組やってるからなんとかなると思ってたワタシがバカでした。なめてました。ペロペロと。

関東では本日『タモリ倶楽部』(秋こそブドウ狩り)出演です。
『タモリ~』の後の『検索ちゃん』も面白いよね。
『チンパンニュース』も大好き。

メシクウナ!

20061005141005

せっせと離乳食作り。めんどくせ。めんどくせえよ。そのくせロクに食べないしね。
無言で食材をこしつづける数時間、面白いことが起きる気配はまるでない。
子育てで唯一イラっとくる瞬間ですな。
今週は文春もつまらない。宮崎哲弥さん好きだったのに、新しく始まった連載はまるで得るものがない。知的な人がミーハーだとガッカリするものですな。

熱烈プロモ中!

20061004214905


「Urb」最新号にて、ルーシーダットンの本が紹介されています。
否、紹介させていただきました。

手書きコメントを掲載していただいたのですが、そこから推測されるワタシの脳内世界に精神鑑定の必要あり、と担当者の方に言われました。

そうでしょうか。


出ました!

20061003223930


改めまして、ブログ復活(の、きざし)です。
すみませんねえ、長らく放置しちゃって。と、いうのも、今年1月に、出産という人生のドラマチックな出来事が起きたはずが、それをブッ飛ばすくらい衝撃的な事件に見舞われまして、いやあホント、生きてるだけで精一杯でした。ブログどころじゃなかったんですよ。でもそれも最近ようやくクリアになりまして、今回の復活(の、きざし)となった訳で。

そうなんです。ブログ上では産まれてもいなかったキッズですが、すくすく育ってますよ。もうつかまり立ちします。出産の話とうとうは、おいおいご報告いたします。

産後はストレッチする体力もないほど廃人になっており、またどうしても落ちないプラス2キロの体重に悶々としておりましたが、そんなワタシを救ってくれたのがこの「ルーシーダットン」でした。

タイの、ヨガ(みたいなもの)なんですよ。

産前まではヘビーエアロビニストだったので、空前のヨガブームに「ちんたらした動きしてんじゃねえよ!ヨガじゃ汗出ねえよ!」と敵対心まるだしのワタクシでしたが、ま、それは体が硬くてヨガのクラスについていけないゆえの強がりでした。

が、しかしこの「ルーシーダットン」は体が硬い人でも全然オッケーなポーズばかりで、なおかつストレッチ&筋トレが同時にできる動きなので、イージー&スピーディーに体のメンテナンスをすることができます。

腰痛・肩こり・美肌・・・などなど様々な体の不調に応えてくれるんですな。

エアロビなどの運動では筋肉に力を入れる時&ストレッチで伸ばす時に息を吐くのが基本です。しかし「ルーシーダットン」では力を抜く時に吐くので、最初は呼吸法になじめず。

でも、朝起きて伸びをする時って息を吸ってますよね。そのように、伸ばす時に吸うのが体にとって自然なことだ、という説明を受けてから ハハン と思い、ルーシーの呼吸法もマスターすることができました。

もともと、タイのマッサージ師たちが、自分たちはマッサージを受ける時間がないから代わりになるような体操を、ということで編み出した動きです。ですから”セン”と呼ばれるツボ押しの要素も含まれていて、ルーシーをやると体の循環もよくなってとても気持ちが良いです。

ま、詳しいことは是非本を手にとってご覧くださいませよ!

「乾貴美子のがんばらないで最短キレイ ルーシーダットン」
自由国民社より1300円+TAXで販売中です!!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。