FC2ブログ
 

イヌ・インターナショナル 乾 貴美子 の ☆プ☆ロ☆グ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱烈プロモ中!

20061004214905


「Urb」最新号にて、ルーシーダットンの本が紹介されています。
否、紹介させていただきました。

手書きコメントを掲載していただいたのですが、そこから推測されるワタシの脳内世界に精神鑑定の必要あり、と担当者の方に言われました。

そうでしょうか。


スポンサーサイト

出ました!

20061003223930


改めまして、ブログ復活(の、きざし)です。
すみませんねえ、長らく放置しちゃって。と、いうのも、今年1月に、出産という人生のドラマチックな出来事が起きたはずが、それをブッ飛ばすくらい衝撃的な事件に見舞われまして、いやあホント、生きてるだけで精一杯でした。ブログどころじゃなかったんですよ。でもそれも最近ようやくクリアになりまして、今回の復活(の、きざし)となった訳で。

そうなんです。ブログ上では産まれてもいなかったキッズですが、すくすく育ってますよ。もうつかまり立ちします。出産の話とうとうは、おいおいご報告いたします。

産後はストレッチする体力もないほど廃人になっており、またどうしても落ちないプラス2キロの体重に悶々としておりましたが、そんなワタシを救ってくれたのがこの「ルーシーダットン」でした。

タイの、ヨガ(みたいなもの)なんですよ。

産前まではヘビーエアロビニストだったので、空前のヨガブームに「ちんたらした動きしてんじゃねえよ!ヨガじゃ汗出ねえよ!」と敵対心まるだしのワタクシでしたが、ま、それは体が硬くてヨガのクラスについていけないゆえの強がりでした。

が、しかしこの「ルーシーダットン」は体が硬い人でも全然オッケーなポーズばかりで、なおかつストレッチ&筋トレが同時にできる動きなので、イージー&スピーディーに体のメンテナンスをすることができます。

腰痛・肩こり・美肌・・・などなど様々な体の不調に応えてくれるんですな。

エアロビなどの運動では筋肉に力を入れる時&ストレッチで伸ばす時に息を吐くのが基本です。しかし「ルーシーダットン」では力を抜く時に吐くので、最初は呼吸法になじめず。

でも、朝起きて伸びをする時って息を吸ってますよね。そのように、伸ばす時に吸うのが体にとって自然なことだ、という説明を受けてから ハハン と思い、ルーシーの呼吸法もマスターすることができました。

もともと、タイのマッサージ師たちが、自分たちはマッサージを受ける時間がないから代わりになるような体操を、ということで編み出した動きです。ですから”セン”と呼ばれるツボ押しの要素も含まれていて、ルーシーをやると体の循環もよくなってとても気持ちが良いです。

ま、詳しいことは是非本を手にとってご覧くださいませよ!

「乾貴美子のがんばらないで最短キレイ ルーシーダットン」
自由国民社より1300円+TAXで販売中です!!



仕事はじめ。

わ~い。仕事はじめだ。
ビバリーのあと、高橋源一郎さんと対談。文学賞について。
写真撮影の場所は、表参道のNADIFF(という本屋)だった。かねてより撮影したいと憧れていた場所だったので(ワタシの夢は小さい)新年早々こりゃあ幸先がよい。

臨月なんですう、と言うと、
高橋さんより胎教の重要性についてご指導ご鞭撻をいただく。
妊娠6ヶ月の頃より毎日20分宮沢賢治を朗読すると、IQが10は違う、との事。

あと1ヶ月。もはや手遅れである。




あわびを食べると!

一年間お料理(を教えていただく)の連載をさせていただいた「ミセス」の打ち上げで広尾のイタリアンへ。

”あわびのパスタ”なるメニューがあったので、食べたことないものを見ると心拍数が上がるワタシは迷わず注文。

すると、恩師・「日本橋ゆかり」の野永さんが
『あわびを食べると目のキレイな子が産まれるんですよ。
 うちのカミサンにもじゃんじゃん食べさせてましたよ』とおっしゃる。

へー。そんな話聞いたの初めてだよ。
たしかに野永さん家の子は目がキレイなので、一瞬にしてその迷信めいた話を妄信するワタシ。

するとお店の方まで
『妊娠中にあわびを食べると、目のキレイな子が産まれると言われております』っていいながら、本日お料理する生のあわびを店に来て下さった。

へー。有名な話なのかしら。
帰宅後ネットで調べてみたら、あわびに含まれるタウリンが胎児の網膜の形成に役立つとのこと。

志摩観光ホテル(黒鮑のステーキめちゃうま!)まで食べに行きたいけどもう9ヶ月だから間に合わないよ。ごめん、あきらめて。

裁判所へ。

「プレジデント」誌の取材で、最高裁判所へ

裁判員制度について教えていただく。
こういう取材大好き!!

来年5月までにはじまる裁判員制度ですが、裁判員候補者の名簿にのる確率は(20歳以上の人の中からクジで選ばれる)”人口が少なくて訴訟の多い”大阪府が一番高くて、7~8人に一人だそう!!

あたしゃもっと、1万人に一人とか2万人に一人とかほとんど当たらないような確率で選ばれる自分と関係ない制度だと思ってたのでエライ驚きましたわ。

選ばれてみたいなあ、裁判員。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。